モロッコ体験談 春5月|サハラ砂漠の風

「サハラ砂漠の風」体験談 5月 no.5

旅行期間:2019/5/23~2019/5/26  (1人旅)

2週間のモロッコ滞在のうち4日間お世話になりましたが、京子さんの細やかなサポートとハミドさんの完璧なガイドのおかげで、とても充実した旅になりました。“砂漠でやりたい事”をすべて実現させてくれただけではなく、私の知らないモロッコ南部の様々な素晴らしさを教えていただき、本当に感謝しています。

特にハミドには、ラマダン中ということもあって日の出から日の入りまで一切飲み食いできないにもかかわらず、たくさんの楽しいおしゃべりやサハラの魅力を教えてくれたりと、素晴らしいガイドをしてくれました。
ひとり旅でしたが、お二人のおかげで二週間の旅のうち一度も不安になることもなく、無事帰国しました。改めて「サハラ砂漠の風」に依頼をしてよかったなと感じています。ありがとうございました。

私の日程は以下の通りです。みなさんの旅の参考にしていただければと思います。

5月23日
早朝、滞在していたマラケシュのリヤドにハミドが迎えに来てくれてくれて、いざメルズーガに向けて出発!
素晴らしい景色のアトラス山脈を越え、途中Telouetのカスバを見学。初めて見るモロッコののカスバはとても素敵で感動しました。
その後アイト・ベン・ハドゥを見学。
この日の道中は私が欲しかったサボテンオイルを扱うショップや、スーパーマーケットにも立ち寄ってもらいました。スーパーマーケットでは、お土産屋さんでは売っていないローカルフードを購入。そして途中、モロッコで今が旬のメロンとスイカを購入し、行き先々のレストランや宿泊したリヤドで切ってもらって食べることができました。
その後、スクラ経由でバラの町で有名なケラア・エル・ムグナへ。ムグナのリヤドはとても素敵で癒されるリヤドでした。

ティシュカ峠

ティシュカ峠

5月24日
朝、ハーブやバラが植えてあるリヤドのお庭を散策した後、出発!
ムグナの街で、特産品のバラを扱ったお土産屋さんに立ち寄ってもらいました。ローズウォーターやルームフレグランスなどを購入。街のタクシーがローズカラーだったのが、かわいかったです。マラケシュの喧騒とは真逆の、のんびりとしたムグナはとても癒されました。
メルズーガに向かう途中、トドラ渓谷に立ち寄り散策。絶景のトドラ渓谷には湧き水もあり、飲むことができます。

トドラ渓谷

トドラ渓谷

メルズーガに到着後、ラクダに乗って砂漠のテントへ。(ここで一旦ハミドとは別れ、弟さんのハッサンがガイドについてくれました)。テントへの途中、ガイドさん達が砂漠の生き物の“サンドフィッシュ”や“スカラベ(フンコロガシ)”を発見して見せてくれたり、スノーボードをソリ代わりにして砂の上を滑ったりと楽しみました。
テント到着後、休憩してからおいしい夕食をお腹いっぱい食べた後、スタッフの方々がベルベル音楽を演奏してくれました。そのあと私も太鼓をたたいたり、星を見たり、言葉が通じなくてもスタッフのみなさんとの会話を楽しんだりと、とても楽しかったです。テントの設備も申し分なく、シャワーの水量はモロッコで泊まったどこよりも水圧があってびっくりしました。熱いお湯もちゃんと出るので、砂漠で遊んだ汗と砂をきちんと洗い流すことができます。

5月25日
翌日は朝食後にテントを離れてハミドと別れたラクダステーションに戻ります。ラクダステーションまでの道のりは、いろんなカットの写真を撮ったり動画を撮ったり、とってもとっても楽しかったです。ハミドと再開後、エルフードに行き化石を拾いに行きました。500年ほど前、エルフード付近は海だったそうで、海洋生物の化石の宝庫です。暑かったので30分ほどの化石拾いでしたが、次回訪れる時はもう少し長い時間じっくりと化石を探したいと思います。
そのあとはとても気持ちのいい砂漠の湖に行き、遠くにいるフラミンゴや野鳥を観察しました。鳥が好きな方は望遠鏡を持参するといいと思います。

お昼はおいしいベルベルピザです。ここでも買ったメロンを切ってもらいました。暑かったのでメロンの水分がぐんぐん体に吸収されていき、あっという間にひと玉たいらげました!
オーベルジュにチェックイン後、数時間ゆっくり休憩してからとても楽しみにしていたバギーに。砂漠の中をバギーで走るのは、とても爽快でエキサイティングで楽しかったです。運転ができない方でもバギースタッフのイスメールが面倒をみてくれるので、安心して挑戦できると思います。そしてイスメールはとても写真が上手なので、たくさん思い出を撮ってもらいました。サンセットスポットまでバギーで行けるので、是非たくさん写真を撮ってください。

オーベルジュに戻り、これもとても楽しみにしていたクッキングの時間です。キッチンスタッフの方たちにタジンの作り方を教えてもらいました。モロッコの野菜を手に取って、調理するのはとても新鮮で楽しかったです。マダムも優しく丁寧に教えてくれました。とてもいい経験になりました。
食事をした後に星空を撮りたかったのですが、強風の為断念。でも、あれが砂嵐ではなく“強風”だということに驚きました。日本人の私からしたら、あれが砂嵐に感じるくらいの強風でした。それもとても貴重な体験でした。

5月26日
明け方には強風はおさまっていたので、早朝、オーベルジュから日の出を撮りました。オーベルジュからの日の出はとても素晴らしく、ほんとうに絵になるショットがたくさん撮れました。カメラを持っていない方でもスマホで驚くほど素敵に撮れるので、是非早起きをする事をおすすめします。
この日は夜、メルズーガからフェズにバス移動だったので、それまでハミドが一緒にいてくれました。
時間があったので、リサー二のスークに行ってじっくりと買い物を楽しみました。リサーニにはハミドおすすめのデーツがおいしいお店があり、そこでデーツシロップとデーツを購入。シロップは漏れないようにきちんとパッキングしてくれました。リサーニのスークは、マラケシュやフェズのスークとは違ってとてもローカルな雰囲気で楽しかったです。夜、ハミドとお別れの時間です。Suprtoursのバス乗り場まで送ってくれました。チケットは事前に予約をしてくたので、スムーズにバスに乗ることができました。

長文になりましたが、以上がわたしの日程です。かなりざっくりですが、他にもお伝えしきれないたくさんの出来事があったりと、ラマダン中で多少制限があったりもしましたが本当に楽しかったです。
とにかく!お二人のコーディネートとガイドは最高です!
次回は冬の空気が澄んだ星空が観たいので、早くお金を貯めてまたモロッコに行きたいです。
その際はまたお世話になりますので、どうぞよろしくお願いします!